大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
神戸大学・経営合格  K・Rさん

 私は高1から葦牙予備校に通っていました。高1のときは数学がとても苦手で勉強する気にさえなれなかったほど嫌いでした。それで葦牙の数学の個別指導を取ることにしたのですが、先生がそばにいて、聞きたいときに聞けるということと、数学をどうしても勉強しなければならないという環境に自分を置くことで数学から逃げずに取り組むことができました。質問をすればすぐに答えてもらえるので、どんどん苦手意識が薄れていき、数学を勉強しようという気持ちがどんどん出てきました。成績が伸び、ますます勢いがついてきました。本当に数学が苦手な人は環境を変えてみるということも大切だと思います。
 英語は、英作に苦手意識を持っていましたが、難しいテキストの中でたくさん練習を重ねて、先生に見てもらい、解説を聞くことで少しずつ伸びていきました。英作は入試でとても差がつくところなのに、いざ、勉強しようと思っても何をどうしていいかよく分からない分野です。それで成績も伸び悩んだりするのですが、この塾で勉強していると自然に英作の力が身についてきます。
 勉強は一人でするものなのかもしれませんが、出来ないところは人に頼ることでできることもあることを知りました。個別や少人数といったこの塾のシステムを最大限生かして、苦手なところや伸ばしたい科目に取り組み成績を伸ばすことができました。
 最後に、塾長や数学の先生、一緒に学んだ友だちに感謝しています。ありがとうございました。

戻る