大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
神戸大・国文合格  藤下峻君

 私は英語を学ぶということは「単語を記憶すること」だと思っていました。また、 国語は国語的センスで解くものだと思っていました。しかし、受験勉強をしていく課程でそれが大きな間違いだということに気がつきました。
 私は中学の時点で英語の授業につまずき、テストでも赤点をとっていました。しかし葦牙予備校の「英検二次オーラル試験対策」という授業を通して、耳で聞いて、頭で考え、口で答えるということを繰り返し行っているうちに、英語の勉強は単語との格闘だと思っていた私の意識は大いに変わり、成績も徐々に上昇していきました。 そして、英文読解の授業で、正確に英文を読み、正確に訳すという訓練を受けているなかで、目でみているだけでなく、実際に訳を書いてみるということで、自分が気がつかなかったところに気がつき、より正確に、より的確に答えられるようになりました。
 国語の勉強もやはりただ読み、答えるだけでなく、書くということが私の力を伸ばしていきました。私はマーク式の評論の問題でも、問題を解いて答え合わせをした後、日を置いてから同じ問題を、選択肢を見ずに自分で記述解答をつくりました。
 私は英語や国語だけでなく、すべての教科の学習において重要なのは「書く」ことだと思いました。単語の暗記にしても文章の作成にしても、書くことで自分の考えが客観視できるようになりました。すると今まで、気づかなかったものが見え、新しい発見ができるようになりました。
 私は試験前に先輩から「大丈夫、手を動かせ」というメッセージを貰いました。私はこの言葉をそのまま次の受験生に送って、書くことの大切さを伝えたいと思います。

戻る