大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
京大・医・保合格 的場春奈(清風南海)

 私が葦牙予備校に入塾したのは高校二年生の最後、もうすぐ受験生になろうとするときでした。「本格的に勉強を始めなければ」と焦る半面、自宅で集中して勉強できなかった私は、学校と家から近い、そして夜遅くまで開いている自習室がある、という理由から入塾を決めました。葦牙予備校の魅力の一つであり、私が葦牙予備校を選んで本当によかったと思う最大のポイントは、そのアットホームさです。
 まず、お互い刺激しあい励ましあって、共に勉強に励むことのできる友人と出会うことができました。学校が終わると、葦牙予備校に「帰り」、皆でご飯を食べて自習室で勉強する、そのリズムを一年間続けたことで私は無理なく勉強時間を確保することができました。時に先生に注意されながらも(笑)、ご飯を食べながら友人たちとおしゃべりすることは、とても楽しかったです。また、勉強でわからないところがあれば英語は先生に、他は友達に質問してすぐに解決できたところも、学習を効率よく進めることができた要因だと思います。
 次に、葦牙予備校では塾長を始めとする先生方との距離がとても近いです。
 私は個別の数学と化学の授業を取っていましたが、私は理系にも関わらず理数科目が苦手でした。 数学はわからなければすぐに答えを見てしまうという具合でしたが個別授業では先生がすぐそばにいて解いている過程でアドバイスをもらうことができ、思考力がついたと思います。
 そして塾長。受験を目の前に控え、ネガティブになりがちな私は、説得力のある的確な言葉で何度も励まして頂きました。また、学習面においても「基礎を固める」という 苦手科目の学習の指針を示して頂きました。また二次試験の前には、英語の授業を取っていないにも関わらず、英作文の添削を何度も引き受けて頂きました。
 「和文和訳がなっとらん!」としばしば何度も書き直しになったこともありましたが、それによって自信を持って本番に臨むことができました。
 長々と書きましたが、私の受験生活は葦牙予備校なしには成り立ちませんでした。私が明るく受験生活を乗り切ることができたのは、葦牙予備校のおかげです。共に励まし合いながら勉強し、楽しい時間を過ごした友人たち、勉強面から様々なことでお世話になった先生方、塾長、ありがとうございました。

戻る