大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
ししま
大仲菜保子 神戸大学(清風南海)

 私は中3の終わりに葦牙に通い始めました。通い始めたきっかけは、家にチラシが入っていて、学校にも近いし、ちょうどいいかという軽い気持ちでした。 英語は苦手だったのですが、知らない間に一番得意になっていました。
 葦牙は少人数なのでとてもアットホームでした。新家先生の授業は面白く、授業の半分が雑談で終わるときもありました(笑)。それでもなぜか成績は伸びました。先生の授業を受けることで英語力だけでなく一般常識を身につけられたために、読んでいる英文の内容が理解できるようになったせいかもしれません。また、先生がディベートを主催してくれ、原発問題や生命について考える機会が持てたことも一因だったかもしれません。
 少人数なので他の高校の子とも仲良くなり、忘年会もみんなで行ったりして、丁度いい息抜きになって最後まで頑張れました。
 今思い返しても受験勉強は辛く、二度としたくないですが、受かった時はすべてが報われた気がして本当に嬉しかったです。
 私は常に大学生になった自分を想像しました。あと1年後は、あと半年後は、とよく寝る前に明るいイメージを頭にやきつけたものです。
 私が合格できたのは葦牙のおかげ、通ってよかったです。
戻る