大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
名古屋大学・工 石田将理

 私は葦牙予備校に現役の時から通っていて、この春に名古屋大学に合格しました。葦牙の授業は少人数制の授業(最大で10人くらい)で質問もしやすく内容をしっかり学べました。私が所属していたハイレベル・クラスでが構文が複雑な英文を和訳したり、容易には英文に出来ないような日本語を先生独自の指導法で攻略するといった内容の授業でした。これは本当に効果的でした。おかげで、英語が得意?とまでは言えませんが安定して得点できる科目になりました。
 自習室は椅子や机も良く、空気清浄機もあり、夜10時まで開いていて設備面ではとても良かった。
 この1年間の浪人生活で私は色々な事を学びました。結局のところ、入試は「お前がやるか、やらないか」で全てが決まります。能力ってものも無論あります。でも能力のある人でもやらなきゃ落ちます。能力が並みの人は尚更です。でもやれば変わってきます。勉強はやればやるほど慣れますし、どこか賢くなります。最初苦しくても慣れます、大学生になった人だって大概最初は苦しかったんです。そしてそれを積み重ねて行って来年の春に合格を勝ち取って下さい。
 今年1年、葦牙の先生や友だち、他にも沢山の人に支えて頂きました、感謝しています。ありきたりな言葉では言い尽くせませんが、本当にありがとうございました。

戻る