大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
京都大学・経済 谷岡なつみ

 高校受験にいよいよ本腰を入れようと思い、高2の冬に葦牙予備校に入塾しました。学校から近く、自転車通学だった私にとって都合がよかったこと、クラスの友人が何人か通っていたことが葦牙予備校に通うことにした理由でした。
 しかし実は、予備校を決める際にもう一つ決めてがありました。それは葦牙の自習室の環境の良さでした。あまり家での勉強が捗らなかったため、特に受験直前はずっと自習室に籠っていましたが、パーテーションで区切られていて、個別の電気スタンドがついた広い机はとても快適でした。
 授業はとてもアットホームで、笑い声の絶えないものでした。そのため質問もしやすく、とても受けやすかったです。私の中で新家先生の英語は理論的な印象が強く、いつも勢いで書いてはひどい点数だった私の英作の出来は先生のおかげで大きく改善されました。
 先生には進路相談にもたくさん乗ってもらい、私が京都大学を自信を持って受けられたのも先生の「大丈夫だ」という言葉のおかげでした。
 葦牙予備校と新家先生のおかげで集中して勉強することができ、また自信を持って試験に臨めたからこそ、京都大学に合格することができたのだと思います。本当に、葦牙予備校に入ってよかったと思いました。

戻る