大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
大阪大学(工)  納谷幸伸君

 私は高校2年生のときに葦牙予備校に通い始めました。それまでもずっと他の英語の塾に通っていましたが、文法の授業ばかりで長文は全く読めるようになりませんでした。葦牙の授業は文法よりも長文に重点を置いていて、だんだん長文に慣れ、自分でも長文への苦手意識がなくなっていくのが分かりました。
 高校3年生からの英作文の授業は実際に書いてきた英作文を事前に提出し、その英作文の不適切な表現を指摘してくれるだけでなく、英作を書くための手法を解説してくれるので、だんだんと英作の書き方のコツがつかめてきました。また自分の英作文だけでなく他の人の間違っている部分も説明が聞け、理解をより深めることができたと思います。
 私は高校3年生の途中から個別授業を受け始めました。その授業では文法の問題集から始めて、それが終わると長文の全訳をやり、受験の直前まで英文和訳の練習を続けました。これも阪大対策には有効でした。
 また葦牙では、先生の書いた英作文の参考書を高校3年の時に購入させられたのですが、私はこれをセンター試験が終わってから本格的に読み始めました。読みながら英作文を書いていると、自分でも英作文の力がついてくるのが実感でき、また先生にも入試直前に、もしこれくらい書けたら阪大の英作文に十分耐えられると言われて安心しました。
   自由英作文についても阪大を受ける1週間くらい前から毎日指導を受け、これも直前に自由英作のコツが分かり、自由英作がとても書きやすくなりました。
 葦牙に通うまでは英語の成績は他塾でも上がらなかったのでもうダメかと思っていましたが、葦牙で成績を伸ばすことができました。この塾に入っていなかったら合格はなかったと思うのでとても感謝しています。

         
戻る