大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
同志社大(グローバル) 高橋智仁君

 僕は劣等生でした。
   定期テストでは毎回半分以上の科目で欠点を取っていました。特に理系科目は惨憺たる有様で、不毛な最下位争いを繰り広げていました。2年の冬、周りが塾に通い初めたのを期に僕も葦牙に通うことにしました。初めは部活と勉強を両立させることにとても苦労しましたが、先生の的確で毒舌なアドバイスを聞き入れ、次第に勉強のペースを安定させることができました。毎日自習室に行き、友達と話すことでモチベーションを高めていきました。
 様々な叱咤激励を受け、その結果、無事第一志望に合格することができました。葦牙に通っていなければ僕はまともな勉強もせず、受かる大学はなかったでしょう。
 辛辣でも心のこもった言葉で励ましてくれた新家先生と葦牙の仲間に感謝です。

         
戻る