大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
関学・総合政策  中村葉月さん

 私は高3の春から葦牙に通い始めました。最初は予習をして授業を受けるだけでしたが、6月に体育祭の応援団としての活動が終わると同時に、本格的に勉強を始めました。最初は塾で与えられた課題の予習と復習をきっちりすることから始めました。
 夏休みになると、9時から2時は図書館、2時から10時は塾で勉強して毎日を過ごしました。夏休みは、英語は文法書や単語帳を中心に勉強し、長文を1日1題は解くように心掛けました。国語が苦手な私は、問題を解いてからもう一度わからない言葉を辞書で引いて読み返し、わからないところは質問に行くようにしていました。世界史はひたすら教科書を読み、一問一答で確認するようにしていました。
 秋になると、朝は学校の自習室を利用し、学校が終わるとすぐに塾に行って自習室を利用し、家に帰って1時まで勉強しました。この頃から模試の結果も出てきたので、少しずつ過去問を解き始めました。最初は難しかったけど、夏休みに基礎を固め、授業で色んな形式の問題をこなしていたのもあって、すぐに一定の点数が取れるようになりました。
 冬になると、9時から2時は図書館、2時から10時は塾、そして深夜2時まで家で勉強して毎日を過ごしました。冬休み以降は過去問を解きながら忘れているところの復習をひたすら繰り返しました。成績が伸び悩んだり、時間がなくて焦る時期もありましたが、勉強方法を変えず、新家先生のアドバイスの通りにしていると、自然に実力もつきました。私はこの一年間、とにかく生活リズムを崩さないように心掛けました。睡眠は最低でも1日5時間はとるようにしていました。
 葦牙の授業は少人数制で、雰囲気もアットホームなので、友達もたくさんできて、毎日楽しく過ごすことができました。葦牙の自習室は広々としていて、しきりもあって周りも気にならないので集中して勉強に取り組むことができました。先生もまめに質問や相談を聞いてくれました。
 私が志望校に合格できたのは、葦牙のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

         
戻る