大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
慶応・薬 T.Chi

 私が葦牙予備校に通い始めたのは高校二年生のときです。当時の私の成績は平均かそれより下ぐらいで、難しい学校を目指そうとはほとんど考えていませんでした。とりあえず受験に向けてなにか対策をしないとなぁと考え、姉も通っていて学校から近いこの塾に通うことを決めました。葦牙は自習室がとても快適で自習に集中することができ、また学校の授業と並行して塾の授業を受けることで英語の成績を伸ばすことができたことに加えて、他にも世界の情勢などの知識も得ることが出来ました。
 そうして新しい情報を得たり、自習室で同級生が勉強をしている姿を見るうちに、だんだんともう少し上を目指してみようか、という向上心が芽生え、最終的には過去の自分ならまず目指すことのなかったであろう学校が第一志望になっていました。 先生には色々と進路についての相談や、自由英作の添削などでお世話になりました。
 結果的には第一志望に受かることはできませんでしたが、これまでに勉強してきたことを活かしてまた頑張りたいと思います。
 2年間ありがとうございました。

         
戻る