大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
立命館・文  S.K(桃山)

 この1年間の浪人生活で僕が得たもので一番良かったと思ったことは、勉強の姿勢、学ぶ姿勢というものが実感できたことでした。こつこつと基本を積み重ね続けるということ、そのような勉強が合格に導いてくれるということ。このことは今後の人生でいろいろな難題に直面したとき、きっと役だってくれるだろうと思います。
 1年間の受験勉強は、ずっと順調だったというわけではありません。受験も後半戦の秋ごろや受験1,2か月前には「このやり方が本当に合っているのか」とか「合格レベルに間に合うのか」、また「別の勉強の仕方があったのでは」と不安に苛まれることもありました。しかし、この勉強方法を信じ続け、ついに無事、志望大学に合格することができました。
 学力だけでなく、勉強方法にも不安が募ってきたとき、基礎が大事、基本の積み重ねが大事だと、繰り返し、繰り返し、新家先生に言われ、なんとか精神的にも1年を耐えました。この体験は、今後、私にとって精神的に非常にプラスになると思っています。1年間、ありがとうございました。

戻る