大阪大学受験 葦牙(あしかび)予備校
合格体験記
大阪大学(歯)   黒田菜津望(天王寺)

 私は,1,2年生のときはクラブや行事,遊びに明け暮れていて,本気で勉強をしていませんでした。成績も真ん中ぐらいの順位を行ったり来たりしていて,大阪大学に合格できるようなレベルにはいませんでした。3年生になる前の春休みあたりから,少し勉強をやり出すようになりましたが,クラブも6月前半までやっていたので,正直,本気で勉強をやり始めたのは,3年生の7月あたりからでした。私は,本気でやると決めたことには,絶対に妥協を許したくない性格で,人よりも多く努力しないと気が済みませんでした。だから,それからは1日のほとんどを勉強に費やして過ごしました。でも,文化祭の有志でダンスをしたり,少し遊んだりと適度に息抜きもしました。
 葦牙予備校では週1回,新家先生の授業を受けていて,本当に先生のおかげで私の英語のレベルも上がりました。英語を学ぶことへの考え方も変わりました。予習を毎週やることによって,長く難しい英文を読むことにも慣れ,先生の授業を受けることによって,英語を学ぶのが楽しくなりました。さらに,先生が授業中に色んな分野の話をしてくださるので,視野も広がりました。
 また,入試直前は新家先生にたくさん英作文を添削していただきました。先生のおかげで英作文のレベルも合格できるくらいまで,あげることができました。
 新家先生のもとで英語を学ぶのは,本当におすすめです!
 最後に,私が1番思うことは,やはり基礎が大事だということです。受験勉強をしていく中で,その科目の,その分野の本質を理解しないと,いくら演習を重ねても力は伸びないと気づきました。だから,私の1番おすすめの教材は教科書です。特に,理科はおすすめです。地理はずっと資料集を見ていました。とにかく,無理に難しい問題ばかりを解くのではなく,基礎をしっかりと固めてください。本気で努力をして,運を呼び込めば,受験は勝てます!

戻る